ネイリストとしてネイルサロンで本格的に働き始めた場合、サロンでの一日の仕事の流れはどのようになっていくのでしょうか?
その働き方を、サロン勤務と自宅サロン開設、それぞれのケースで見ていきましょう。

ネイルサロンの一日

ネイルサロンに勤務するネイリストの一日の仕事の流れをチェックしてみましょう。
まずネイルサロンは午前9~10時前後に開店し、夜8~9時前後までオープンしていると仮定します。

この場合一人のネイリストが12時間以上勤務することになるため、労働基準法で定められた1日8時間の勤務時間を超えてしまいNGです。
そこで一日の営業時間が長いネイルサロンでは、早番と遅番のスタッフにわかれて勤務する事になります。
まずは早番のスタッフが開店前からお店の掃除を始めます。

顧客を気持ちよく迎えるためにも、ゴミやチリのない綺麗な店内にしなければなりません。
掃除と同時に必要であればゴミ出し、お店の電球が切れていれば交換なども開店前(または閉店後)に行います。

掃除修了後はスタッフが集まって簡単なミーティング。
今日予約がどれくらい入っているかを確認し、必要な連絡もこの時に行います。
仕事に必要な道具がきちんと揃っているかどうかもチェック。
もし足りない物があれば補充します。
その後開店し、予約客が足を来店し始めるといよいよ仕事スタート。

予約客がいなくても飛び込みの顧客が入ってくる事もあり、飛び込み客の状況によっては休み時間が午後に下がってしまうこともあります。
一日に対応する顧客は約4~5名前後。
もちろん施術時間などによって対応出来る顧客の数には変動も。

閉店時間後はサッと帰宅するネイリストもいれば、お店に残って自主練習する方もいます。
新人ネイリストの場合、営業後は練習して施術技術を磨かなければ現状維持もままなりません。
早出の場合は仕事が終わるのが午後6時前後なので、時間に余裕があれば1~2時間前後自主練習します。

自宅サロン開業の場合

自宅でサロンを開業しているケースですと、自宅が仕事場となるため勤務にかかる時間が丸々カット出来ます
これは大きなメリットです。
自宅が仕事場を兼ねているため、朝は仕事場を中心に家の掃除からスタート。

掃除はネイルサロンであっても自宅サロンであっても重要です。
ゴミの散らかった汚い生活感丸出しの部屋では、とても寛ぐ事などできないでしょう。

その後、予約客や飛び込み客への対応を行います。
予約客のみ受付であれば、飛び込み客への対応がないため管理は楽。
ただ予約客が予定通り来ない時はネイリスト側から確認の電話をしなければなりません。

独立開業した方の場合は、施術は当然として掃除や電話対応、売り上げ管理、予約管理など管理は必須
年に1回の確定申告時期は事務作業が煩雑になるため、営業時間外に経理関係の処理をしなければなりません。

またお休みの日だからと言って一日中横になっているようでは人気ネイリストにはなれません。

休日もセミナーや新商品の体験会、同業者同士の交流会などで腕を磨き、つねに最新の技術と知識を身に付けるくらいでないとフリーランスではやっていけないのです。


画像元:http://profile.ameba.jp/aroma-nail