ネイルスクールを卒業、またはネイルの資格を取得後にそのままネイルサロンに就職する方は「ネイルサロン未経験者」となります。
つまり、まだ本格的に顧客への施術を行った事のない状態です。

ネイルサロンとしては、まだ未熟な施術者に大事な顧客のネイルケアを100%任せるわけにはいきません。
そこで新人ネイリストのうちは一定期間研修を受け、ある程度自信と実力がついた後に本格的な施術を行うのが一般的です。

では新人ネイリストが受ける研修とは、一体どんなものなのでしょうか?

研修で学ぶこととは?

新人ネイリストの場合、ネイルサロンに入職する時はほぼ面接で「入店してしばらくは(約2~3ヶ月)見習い(研修期間)です」と告げられるはず。
入職後の約3か月間はお店の清掃や買い出し、電話対応、お店の受付、カルテ出し、ネイルケアに必要な備品の準備、備品チェック、ハンドマッサージなど、ネイリストの仕事と言うよりも雑用のような仕事をしながらお店での一日の流れを掴んでいきます。

一見退屈な期間のように思えますが、お店の雑用を学ぶ経験は将来独立してネイルサロンを経営する時に生きてきます。
きちんとした電話応対や受付が出来ないネイリストでは、固定客を掴む事は出来ないでしょう。
基礎的なビジネスマナーから叩き込んでくれるサロンは実は有りがたい存在なのです。

そうかと思えばお店の雑用などは一切させず、ひたすら入客出来るように実践的な研修を集中的に行うサロンもあります。
一人の新人ネイリストを施術出来るレベルまで引き上げる間(研修期間)は、お店はムダに人件費を支払わなければなりません。
そこで一日でも早くお店で施術が出来るように技術研修のみに集中させるお店もあるのです。

具体的にどのような研修を行うのかは各店舗によって違いがあります。
入職が決まったら研修の内容をあらかじめ確認しておきましょう。

研修中のお給料は?

研修中はいわば見習いですので、正社員の給与よりも安い金額で設定されているお店もあります。
そうかと思えば、研修中も研修終了後も月給や時給が一切変わらない店舗もあります。

お店の運営方針によりお給料の支給レベルが変わってきます。
ネイリストの面接時に「研修中は時給や月給が安くなりますか?」と聞いて確認しておくと良いでしょう。

研修のあるネイリストの求人はどこで探す?

サロン勤務経験のない新人ネイリストは、入職後初日からいきなり入客する事が出来ません。
そこでお勧めしたいのが、研修制度のあるネイリストの求人です。

多くのネイルサロンが求人を公開していますが、その中でも「サロン初心者OK」を掲示するサロンでは1~3ヶ月間の研修期間を設けています。
研修期間のある求人は、「@nails」などのネイリスト求人サイトで検索。
すぐに求人情報が見つかります。


画像元:https://nails.jp/